Love Whereabouts
恋多き女性であった私がやっと生活を共にしたい人と思った彼は、海外生活が長かった超独身貴族。ゴールが見えない関係において、悩みや感じることを気ままにつづります。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新鮮な気分

先日、おさななじみと飲みに行った。。
彼女は結婚しているが、子供は作らない予定。。
子供が嫌いというわけではないのだけど、自営業であることもあり家族に苦労かけられたせいで、やっと自分とだんな様の時間を持ったにもかかわらず、子供ができてまた家族に振り回されるのは今はいやだし、もう自分の人生を楽しみたい!ということだ。。

その気持ちって結構わかる。。

でも、結婚して思ったらしい。やっぱり結婚は向いていないと。。けど旦那様は極悪ではないわけで、とりあえずは楽しく生活はできているので二人の間には問題はないようだ。

40代に近づくにつれ、だんだんと親も弱くなり、家庭を持つこともないまま介護の心配をしなければならなくなってきている。こんな状態にだんなだけでなく子供もいたら、いったい何人の世話をしなければならなくなるのか。。。

彼女に彼のことをちょっと話してみた。。
煮え切らない今の状態を。。
すると彼女のいったことは、
それは、とても幸せなことではっきりいってうらやましいと。。
えっなぜ??

将来にそれもリタイア後に一緒にいようという約束をして、今を自由に生きることを薦めて、働くことにも口を出さず、拘束せず、他の誰かと恋愛しても自分に戻っておいでといってくれている。
さらに自分の親に紹介しないとしたらそれは相手の親の介護の心配はないということ。
結婚したら嫁に行ったわけだから相手の親の面倒は当然とされるこの世の中で、本当の所は面倒は誰しも見たくないはず。
旦那は自分の選んだ人でもその家族は所詮他人。。
今後を考えたら自分の親だけでなく相手の親の心配もしなければならない。旦那にはどんなに自由にさせてもらっても、所詮嫁いだには変わらず、もう無茶なことは決してできない。。
そのプレッシャーや悩みを抱えることなく、彼と付き合っていけるなんてなんと幸せなことか。
これから先心配なのは老後であって、今ではない。今は友人や仲間が相手をしてくれている間は寂しいこともなく、悩みがあってもお互い助け合うことができるけど、年いったらそんなことさえ可能かわからない。。
家族同士の悩みがないのはとてもうらやましいわ。。といわれてしまった。。

そうなのか。私は幸せものなのか。。
確かに、今、自分の親のことでもちょっとたいへんなのに自分より年上の男性の親って、、やっぱり結構年配よね。。
ということは、結婚=介護になるのか。。
ますます子供を持つという世界は遠のく感じだね。。

それにしても、そういわれるとなんだか私ってお気楽な感じになってきた。。
確かに彼とは楽しいことしかしないしね。。

考え方や見方を変えると気分まで変わってきた。。
すごいね。
ちょっと友人に感謝!!
スポンサーサイト

テーマ:遠距離、婚外恋愛 - ジャンル:恋愛




プロフィール

Jordane

Author:Jordane
30代女性。独身
海外・旅行・ラテン大好き
英語以外に、仏、伊、西に挑戦!
過去にちょっぴり欧州に滞在。
多彩な恋愛も今は過去の思い出
今は現在の彼が一番!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。