Love Whereabouts
恋多き女性であった私がやっと生活を共にしたい人と思った彼は、海外生活が長かった超独身貴族。ゴールが見えない関係において、悩みや感じることを気ままにつづります。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛猫との別れ

なんて時間が立つのが早いのだろう。。
ここんとこ出来事があったのかなかったのか。。

7月16日に半年闘病していた私の猫が旅立って行った。
11才だった。。
たかが猫、されど猫。。
病院通いも半年続き、一生懸命になっていたから
ほとんど自分の子供の状態。。
最後の一週間は、病院にいた。。どんどん悪くなっていく様子はみていられなかった。
連れて帰ってきて見てあげることもできず、明け方に亡くなったので最後を看取ることができなかった。
苦しめたくなかったため、酸素室から出したくなかった。
息が苦しいのだけはさせたくなかった。
慢性疾患の割に苦しまずにすんだと言われたことだけが救いだ。心臓も強くなかったこともあって、長くは持たなかったが、子供を失うような気持ちにかわりはなかった。

精神的にも、体力的にも疲れていて、今はふぬけ状態。。
早くポジティブに戻りたいのだけど、なんだか力が出ない感じ。。

例の彼はというとほんとつかず離れずの関係のまま。。
最終的には私が決めなければならないのかもしれない終わりを。。
だんだんと年のせいか、終わりをきめるなどかえってエネルギーがいるので、だんだんとどうでもよくなってくる。。

それにしてもこの彼のことには悩まされたまま。
これからどうなるのだろうか。。

猫の入院のお見舞いにはついてきてくれた。。
正直、これは純粋にうれしかった。。
しかし、それは、その後に控える出張の準備のための
私に対するよいしょでしかない。
猫が亡くなるときには連絡もとれず、言葉もかけてもらえず
静かにしておくことがかれにとっては思いやりと思っている。。
私から見れば、面倒なことから去りたいと思っているだけにしか見えない。

私はただ、側にいてほしい。側にいれなくても言葉でもいいから電話してほしかった。。
私は自分からはすがりつかないからずーっとまっていた。
結局、私が連絡しないことが、向こうも連絡保留にしていた。
こちらが主導であるようで、ぜんぜんコントロールできない。
父が倒れたときはどうだろう。彼は飛んで来てくれるだろうか。所詮、そんなこと考えるだけ自分が傷つくだけなのではないだろうか。。
そう思い始めてかれこれ長い、何年たっただろう。。
同じ思いをかかえて。

本人に何度せめても、そんなことはないよとか、君が大切なものは僕にとっても大切。。などと言うこと自体がもう信じられない。。
それでも、彼は、私の嫌みや攻撃を無言で受けてくれる。。
それはいい意味でもあり、悪い意味でもある。。
答えがないことがいいのだろうか。。

男の人は本当に答えをださず、ずーっとグレーゾーンで物事を勧めるように思う。。
私が白黒つけすぎなのだろうか。

猫が亡くなった2日後に欧米に向かって旅立った。
2週間の出張。。
私がこんな状態でいるのだから彼の脳天気なメールは見たくない。
なので、2度ほどメールは来ていたが、今回の出張では私からはメールは書いていない。
出発して10日になるが電話もない。。電話がないのは私がメールを送らないのとご機嫌悪いといやだなと思っているからだ。
私がもっと傷ついて、早く嫌いになってしまう方がいいのだろうか。
ほんと文章にして読んでいたらくだらない内容だと思う。
早く何か別のことに目を向けた方がいいのかもしれない。
今は只、猫を失ったことにより、彼の存在が恨めしい存在になっていることは少し事実かも知れない。。

こんな愛人みたいな付き合いは、彼ばかりの都合が良くて私の気持ちは少しも晴れない。

彼のお母さんにも、彼の上司にも私達のことをいいつけてやりたい。
本妻に告白する愛人みたいだ。。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/12/09 16:01】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/31 13:57】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/01/16 17:55】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

Jordane

Author:Jordane
30代女性。独身
海外・旅行・ラテン大好き
英語以外に、仏、伊、西に挑戦!
過去にちょっぴり欧州に滞在。
多彩な恋愛も今は過去の思い出
今は現在の彼が一番!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。